熊本市北区 ご夫婦+お子様2人

熊本市北区 ご夫婦+お子様2人

「内」と「外」がくっきり分かれる流行りの四角い箱の家と違い、LDKから外でもない、内でもないような曖昧な「中間領域」をつくることで、空間の広がり、四季の移り変わりを感じながら人生を豊かに過ごせるおうちです。

当社選択の決め手は?

効率重視で既製品ばかりを勧めるメーカーなどが多い中で、シーズグロースは家具や建具、窓枠や巾木といった小さなものまで造れるものはすべてデザインして造るその姿勢と、
床材はもちろん外壁までもシラス壁などの自然素材で作り、本物の素材の質感を感じられる気持ちの良い空間づくり、またそれにより「子供の感性を育てる」ことが素晴らしいなと思いました。

また分業化が進む中で、建築士が打ち合わせから始まり、最初から最後まで現場を見ることも、私の求める家づくりだと思いました。

担当建築士の良かった点を教えてください。

中間領域(ウッドデッキ)を設け、庭だけれど家の中のような曖昧な空間を作りました。

キッチンと水回りを回遊性のある間取りで行き止まりを無くし、料理の合間の洗濯や、子供の世話も負担が少なくなるように考えました。

吹き抜けと廊下と寝室が一体となり、コンパクトな寝室に広がりを持たせました。

以前のお住まいと比べて違いを教えてください。

壁と屋根のあるウッドデッキが、視線と日差しを遮り、とてもよく風が通り、一番居心地の良い場所です。
周りの人からも大好評で、来る人みな「気持ちいいね!」と言ってくれます。
応接間として使ったり、食事をしたり、遊んだり、昼寝をしたりと、周囲の目を気にせずくつろげる場所です。

床にゴロンと寝転んで見上げる吹き抜けは、心が飛び立っていくように感じ、とても気持ちがいいです。

夜の外灯がシラス壁と杉板の天井を照らし、昼間とは違った雰囲気を醸し出すので、それを見るたび悦に入ります。

回遊性があるので、子供がグルグル走り回り、「忍者ごっこ!」と楽しそうな笑い声が響くこと、
オーク、タモ、パイン、シナ、ゴムなど、樹種の違いで木の表情が違うことに気づいてくれたこと、
何より、子供が「皆に家を見せたい!」と自慢に思ってくれることが一番うれしいですね。

シーズグロースアーキテクトを選ばれて良かった点を教えてください。

いろいろなハウスメーカーの家とくらべて、シーズグロースアーキテクトさんの設計の上手さというか、素材の良さというか、空気がよそとは違うんじゃないかという不思議な感覚にとらわれます。コロナ禍で家にいる時間が長くなると思いますが、本当におうち時間が楽しくなる家づくりをしてくれます。